DXnote

DXはIT技術のトレンドとして、
多くの企業で実行されている”経営施策の一つ”です

DXという言葉自体は2004年から登場しましたが、日本でのDXは経済産業省がまとめたDXレポートから読み解くことができます。DXレポートには、「レガシーシステムや硬直した組織、経営活動などの変革の足かせとなる課題を克服する活動」とあります。昨今のリモートワーク中心の企業活動や、ペーパーレスなど、経営課題を解決するための手段の一つとしてDXが使われています。


ひとはなコンサルティングが考えるDX

DXとは最適なサービスを提供するために、
人も組織も変革する行動

DXとは単なるIT効率化の施策ではありません。AIや、ドローン、VRなどの最新のIT技術は、企業が提供するサービスを効率化・省力化するだけでなく、サービスの付加価値を向上することにも活用できます。その際、人間が行っていた業務を代替したり、人が行う業務とITが行う業務を棲み分けするなどの、業務オペレーションや組織の変革が発生します。

企業が顧客に届けたい理想のサービス(=最適なサービス)を実現するために、IT技術の組み合わせと、それに伴う組織や業務オペレーションを変革する活動。これがDXの定義と考えます。


DXに関する情報

DXに関する様々な情報をお伝えしていきます

ひとはなコンサルティングはDXに関する事例や、活用事例をまとめたデータベースを用意しております。内容についても随時アップデートしていきますので、皆様の企業のIT促進、DX実施のヒントとしてご活用ください。

note「経営者のためのIT活用」

View more

notion版「経営者のためのIT活用データベース」

View more

セミナーに関するお問い合わせ

DXについてのセミナーをご希望承ります。
経営者向けのDXについての解説や進め方、DX事例の紹介。DXを進めるにあたってのDX推進体制、スケジュール例について触れた内容となります。セミナー実施の目的、趣旨によっては無料で承ることも可能です。詳細についてはお問い合わせください。
お問い合わせ:info@hitohana-c.co.jp