今週のお仕事2021/6/7〜プロジェクトの担当変更と引き継ぎの話

  • HOME
  • お仕事
  • 今週のお仕事2021/6/7〜プロジェクトの担当変更と引き継ぎの話
今週のお仕事2021/6/7〜プロジェクトの担当変更と引き継ぎの話

今週のお仕事2021/6/7〜プロジェクトの担当変更と引き継ぎの話

ひとはなログでは、ひとはなコンサルティングが今週やったお仕事の振り返りや感じたことを定期的に書いていきます。

●プロジェクトの担当変更と引き継ぎは大事だよという話
先週お客様の組織変更が発生しましたが、それに伴い担当の変更や引き継ぎが発生しています。
弊社の担当しているところはそこまで影響もないのですが、担当する領域が少し増えたこともあり引き継ぎを始めようとしています。

さて、引き継ぎの話です。引き継ぎって大事ですよね。
ジョブ型雇用における引き継ぎの是非はともかく、後任がスムーズに業務をスタートできるためにも引き継ぎは重要だと思っています。
特に私が引き継ぎで重要と思っていることがありまして、それは「引き継ぐ業務の経緯を伝えること」です。
・なぜこの業務をやっているのか?
・過去どんなトラブルがあってこの業務に至っているのか?
・利用者は関係者は誰で、今後この業務を変更する場合は誰と話していくのがいいのか?
 
「今やっている業務の流れ」を説明するだけではなく、上記のような「今までのあらすじ」を語りたいわけです。
システム開発のプロジェクトだからこその意見かもしれませんが、ITプロジェクトだとベンダやPM、顧客などの登場人物が多かったり、
人の入れ替わりが激しかったりするので、後任は「今までのあらすじ」というのを把握して引き継がないと、プロジェクト進行に支障が出たりするからですね。
 
以前、この辺の引き継ぎに関しての話で盛り上がったことがあるのですが、そのときに「引き継いだ際、今まで進めていたやり方やルールを守りながらプロジェクト進行したほうがいいのか」という話がありました。もちろん今までのやり方を崩さずに引き継ぐのが無難ですが、私としてはその進め方が良い方向性ではない場合、引き継いだタイミングで仕切り直してもいいのではと思っています。
もちろんプロジェクト参加者たちの性格や立場もありすぐに仕切り直しはNGですが、PMという立場ならより良い方向性にシフトしていくことは可能でしょう。
「今までの経緯」や「今までのあらすじ」は大事ですが、「今後の進め方」「これからのあらすじ」は引き継いだ後任のPMが作っていくものです。
より良い結果を生み出すプロジェクトを遂行していきたいですね。
 
今週もお疲れさまでした。来週も頑張っていきましょう!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。